« フジTVドラマ「ラスト・フレンズ」私的見方 第8話 「最後の手紙」 予告篇 | トップページ | フジTVドラマ「ラスト・フレンズ」私的見方第8話「最後の手紙」 視聴率18.8%↑↑ »

2008年5月29日 (木)

DVをしてしまった男性より― 「気づき」ルーム マスターからの つ・ぶ・や・き⑤

暴力をやめるためのアウェアの再教育プログラムを受講するDV加害者が運営しているセルフ ヘルプ ルーム「気づき」があります。自分がしてしまったDV行動の責任を認め、行動を変えようと努力している男性たちです。
運営にあたっている世話人=マスターをはじめ、参加者から日頃考えていることや、DVについての雑感など「つぶやき」をこのブログに寄せていただけることになりました。

今週のつ・ぶ・や・き⑤

先週の加害者プログラムで、私は久しぶりに被害者の話を聴きました。(前回、前々回と被害者の話を聴けなかったので・・・)

一通り話をお聴きして、胸が苦しくなってきてしました。具体的な症状としては、胸(心臓のあたりを強く押されているような、心臓が小さくなったような感じ)

「感想は…」(と言うことで)「人は皆誰しも同じように等しく、楽しく平和に充実した時間を過ごす権利があるのに、私の起こしたDV行動で妻や子供達はそれを奪われてしまった。もう戻って来ない取り返す事が出来ない時間を作ってしまった」。と胸が痛くなりました。

最近よくこの「取り返せない時間」について考えていた。

「どのようにこの時間を償ぐなえば良いのだろうか・・・」「二度と帰って来ない時間や空間、私達は一瞬でも気を抜いたらいけないのかも…」 話を聴かせてくださった被害者の方、辛い事を思い出しながら苦しかったと思います。ありがとうございました。(byマスター)

アウェアの加害者プログラムでは被害者の気持ちに「共感する」ことを学ぶために、DVを経験した被害者女性の話を聞くということをしています。私も自分のDV被害の体験談を話しに行ったことがあります。(kokoro-mako)

|

« フジTVドラマ「ラスト・フレンズ」私的見方 第8話 「最後の手紙」 予告篇 | トップページ | フジTVドラマ「ラスト・フレンズ」私的見方第8話「最後の手紙」 視聴率18.8%↑↑ »

DVをしてしまった男性から 「気づき」ルーム マスターの つ・ぶ・や・き」カテゴリの記事

コメント

こんなサイトがあったんですね。
育ってきた環境でDVを犯してしまう可能性も高いのは
分かります。

ただ被害者は暴力を受けた事を一生忘れる事はありません。

いくら反省されても身勝手な人間なんだねってしかおもえませんね。

投稿: | 2010年12月19日 (日) 18時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVをしてしまった男性より― 「気づき」ルーム マスターからの つ・ぶ・や・き⑤:

« フジTVドラマ「ラスト・フレンズ」私的見方 第8話 「最後の手紙」 予告篇 | トップページ | フジTVドラマ「ラスト・フレンズ」私的見方第8話「最後の手紙」 視聴率18.8%↑↑ »