日記・コラム・つぶやき

2009年1月 2日 (金)

KIHACHIロールでおめでとう!2009年

新年 あけましておめでとうございます! 昨年に引き続き ブリーズ・アゲイン DV被害者の声:DVなんていらない! のブログをよろしくお願いいたします。今年は当分の間、横浜と西宮を往ったり来たりになりそうで、kokoro-makoはエスカレーターを乗る時にオロオロしそうです(急ぐ人のために、関東では左側に乗って右側を空け、関西では右側に乗って左側を空けるのです) 一月一日は簡単に(遅く起きたので)息子と一緒にKIHACHIロールでお祝いしました。(写真もありますよ)

続きを読む "KIHACHIロールでおめでとう!2009年"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

ツマガリのキングオブマロン!あぁおいしかった☆

                                                      ツマガリのキングオブマロン、おいしかったです(* ̄ー ̄*) パイ生地がサクッサクでマ ロンぎっしり 081209_12280001_4

迫力ありましたよ。記念に写真撮影をしました。  うっかりデジカメを実家に 置いてきてしまい、携帯で撮りました。

今後の参考のために「無地のし」をつけてもらい進物用におくってもらいました。(ギフトバッグが付いてきました) でも、しっかり自宅で消費しちゃいましたが…。

箱を開けると金色のセロファンにつつまれて金色に輝く「キングオブマロン」がはいっていました。セロファンの裏は銀色なので、そのセロファンを裏返しにしてホールの写真をとりました。

ふっくらしていてその姿は堂々としたキングそのものです

息子と二人で喜々としてナイフを入れてたべました。

081209_12330001_5 大きな栗がゴロゴロとしていて、それを取り巻くマロンフィリングはしっとりと上品です。

発酵バター」のかおりというのがよく分かりませんでしたが、しつこくなくてさっぱりと香ばしい食感

カロリーさえ気にしなければ別腹が活躍しそうでした

クリスマスが終わったころに西宮から横浜へ戻る予定なので、なにかお土産にツマガリの甲陽園のお店で買って帰ろうかなと思います。

シュークリームがおいしいとか…。新幹線の中でのおやつになりそうですね。081209_21460001_3

 ロビンさん、またまた、ツマガリのおやつを公開しますので楽しみにしていてください。もっとも写真だけですが             

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

ツマガリのキングオブマロン!注文しちゃいました。

11月20日放送、とんねるずの「みなさんのおかげでした」の「新・食わず嫌い王決定戦」で笑福亭鶴瓶さんのお土産としてツマガリの「キングオブマロン」が紹介されました。そのツマガリのキングオブマロンをネットで申込。届くのは12月9日です。

続きを読む "ツマガリのキングオブマロン!注文しちゃいました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

映画*「20世紀少年」「闇の子供たち」をみました*

話題の映画「20世紀少年」「闇の子供たち」を見ました。「20世紀少年」は原作のことは全然知りませんでした。登場人物が多そうだったので、映画を見る直前、映画館の中に貼られていた巨大ポスターをみて登場人物の名前などをチェック。唐沢君演じるケンジがリーダーとなって、世界制覇をたくらむ「ともだち」グループと戦う。その「ともだち」グループを率いるのはいったい誰なのか? 忍者ハットリくんの仮面をかぶっているのが不気味だ。

原作を知らない私は「ともだち」グループのリーダーが誰なのか? ケンジの仲間だった人なのか? 自由に想像できたので楽しめました。1970年の風俗などが再現されていて私には懐かしさが快かったです。楽しめました。

「闇の子供たち」は原作の文庫本を読んでから映画をみました。原作の衝撃があまりにも強いので、どう映画化するのか興味があったからです。新聞やTVのニュースで「幼児性愛者」の単語はよく聞いたりするのですが、私はその人たちのことについて詳しくは知らなかったし、具体的なイメージが持てませんでした。しかし、原作を読んで読み進めるのが辛くなってしまいました「幼児売買春、人身売買、という児童虐待と臓器移植」がテーマになっていますが、確かにそこに起きている「虐待=暴力」に対して、私はどういうスタンスに立つのか? 社会はそれに対してどう対処すればいいのか? 問題を突き付けられているようでした。

映画は原作をコンパクトにまとめながらも、原作にはない結末を用意。「生きながらにして臓器移植のドナーにされてしまうタイの少女、果たして手術は本当に行われるのか?」を追いかけていた新聞記者」:南部(江口洋介)は、ドナーとなる少女が病院に入って行くところを、フリーカメラマンの青年:与田(妻夫木聡)の協力で写真に撮ることに成功するが…。

シーンの切り替えが多く、その分物語が進展していくテンポが速まりリズミカルな展開。だが、原作を読んでいた方が分かりやすく、場面の持っている意図が読めて楽しめる。因みに、映画を観終わった70歳前後の老夫人の二人が「最後はあの新聞記者の方はどうしたのかしら? 日本に帰ってまた記者をやっているのかしらね。なんだか相当お辛いことがあったようだけど…」とお互いに話していたのが私の耳に入ってきた。老夫人お二人の結末と私の見た結末は違っている! 「新聞者:南部は、実は…」これから見る方のために結末は書けません) 老婦人のお二人は大切な1シーンの意味をうまく理解できなかったように私には感じられました。原作・映画ともに深くて重いです。サザンの桑田さんの書いたエンディング曲がよかったです。

闇の子供たち (幻冬舎文庫)

こんなことが小説で出版されていいの?という衝撃をもっていたのですが、最初の発行はもう10年前のよう。ペドファイル達(幼児性愛者)の描写がリアルすぎて戦慄を覚えます。でも目をそむけてはいけないことなのだと思います。

おすすめポイント:
興味本位で読み進むと足元をすくわれます。日本の問題であって、大人の問題であり、そして私の問題でもあるという視点で考える態度が必要。自分と深く向き合う1冊です。

闇の子供たち (幻冬舎文庫)

著者:梁 石日

闇の子供たち (幻冬舎文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

今日からバリアフリー・リフォーム開始! 素敵な住まいで安心介護*

いよいよ今日から実家のバリアフリーリフォームが始まりました。いろいろな準備でこのところ大忙しでブログの更新ができていませんでした。ごめんなさい。

さて、母が脳梗塞で倒れ、左片麻痺となって現在リハビリテーション病院で1日3メニューのリハビリの毎日を過ごしています。退院が10月の初めになる予定です。退院後は自宅に戻ってデイサービスや日常生活の補助を受けながら日中は独居となるため、自宅をバリアフリーにリフォームすることになりました。

バリアフリーといえば、フローリングで段差のない、手すりがついていることを私は思い浮かべるのですが、そんなに単純なものではありませんでした。「介助を受ける方に合っていないと、手すりの太さ、位置や高さのわずが数センチで使い勝手が悪くなり、却って邪魔になることもあるんです」と講演する小多美恵子さん(「ミエちゃん工房」代表理事)の話を聞いてびっくりしました。小多さんは介護保険・バリアフリーリフォームの住宅改修の専門家集団の代表理事を務め、実は自らの在宅介護の経験を生かして女大工に転職された方なのです。小多さんは大工仕事の傍ら、講演会活動もされています。

また、住宅改修には大勢の人がチームプレイで係わります。リハビリ病院の主治医をはじめ理学療法士・作業療法士・ケースワーカー、地域のケアマネージャーが専門家の目で何が必要なのかを見極めます。そして私や家族も母を支える一員です。

 が続いていましたが今朝は晴天 工事が無事進みますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

ハーバーランド・散策記

先日15日、「ウィメンズネット・こうべ」の講座が終わって、久しぶりにハーバーランドを歩いてみました。

シンガポールからの帰国のとき、いったん関空から実家で待機していたときで、12年ほど前に行った記憶があります。080715_ まずモザイク・ガーデンにある大観覧車。やっぱり恰好のデート・スポットですよね。080715__2 レストランやショップもあります。海を眺めながらの食事は素敵ですよね。080715__3 また、ハーバーランド内のバーガーショップ(ロッテリア)はオープンテラスで、とってもおしゃれです。お店のカラー使いも洒落ていますね。 

さまざまなモニュメントや植物が美しく、噴水もあり、その下にはなぜか寝ころんでいるカエルの姿が…。なんだか悟り切った様子で白いカエルが寝ころんでいます。鳥のモニュメントは不思議の国のアリスに出てきそうな雰囲気です。

080715__4 080715__5 080715__6

対岸のメリケンパークの方を見てみると、船が神戸オリエンタルホテルの前を横切るところです。神戸オリエンタルホテルは白い船の形を模った曲線が美しい。その右横、後ろの方に見える赤い橋が神戸大橋です。船は進み、懐かしい「神戸・ポートタワー」の方へ向っています。左側、赤く立080715__8 っているのがメリケンパークのシンボル「ポートタワー」です。その右横の四角いタワーはホテル・オークラ神戸手前の白く網目080715__7 のように見えるのは神戸海洋博物館です。

ハーバーランド、モザイクの、080715__3 これはインドレストランのエントランスにおかれた置物です。

またキャラクターショップもいくつかあり、私はスタジオ・ジブリのショップでお買い物をしました。「崖のうえのポニョ」のグッズはまだありませんでしたが、「ポーニョ ポーニョ ポニョ さ・か・な・の・子 」と主題歌がながれていました。080715__2 私が買ったのは「もののけ姫」にでてくる「コダマ」の置物です。立っているものと座っているもの、2体買いました。明かりを消すとボウと光るのです。夜はちょっと不気味な「コダマ」です。

また、次回「コダマ」の写真を紹介しますね。大き目のお皿に水を張って浮草を浮かべ、その浮草の間に「コダマ」が立ったり、すわったりしている、そういうレイアウトにして玄関に飾っています。 ※ここにアップした写真はクリックすると大きなウィンドーで見ることができます。

ところで、「崖のうえのポニョ」はちいさな魚の女の子と人間の少年とのほのかな愛のお話だそうな。少年の名前は宗介(そうすけ)なのだそうな。そうすけ」といえばラスフレの宗佑君しか浮かばない今の私。ちょっと違和感あるな…。もっとも宮崎さんの方が早くから決めていたのだけれどもね。

| | コメント (0)

2008年7月 5日 (土)

ほんまかいな・関西!? よもやまばなし

おまたせしました! 先日私はコープ神戸(生協)のパンコーナーで「メロンパン」と「サンライズ」に遭遇 さっそく買って食べ比べをしました。以前、白あん入りのラグビーボール型をしたメロンパンなるものが存在、しかも関西に?と聞いてびっくりしていたのですが、本物にめぐり逢えたのです。080701_2 まずはじめに「ふわふわサクサク サンライズ」:ふんわりソフトなパン生地にサクサクおいしいビスケット生地をのせて、ほんのり甘く焼き上げました―という説明文の「サンライズ」の写真がこれです。おすすめポイントは「さわやかレモン風味」とか(写真中央、黄色い080701_3円の中)。これはまるでメロンパンのコピーですよね。

そして次は「メロンパン」です。「しっとり、ふんわり 神戸ハイカラ メロンパン」:「丁寧に蒸し焼きし やわらかな食感に仕上げました。飽きのこないあっさりした甘さの白あん入りです。」とあります。そしてこちらのおすすめポイントは「口どけまろやか白あん入り」とか(写真中央、黄色い円の中)。ほんとにラグビーボール型です。食べ比べると「メロンパン」はけっこうイケていました。あっさりめの白あんで、量もほどよく控え目。かえって「サンライズ」は一気にたべるとのどがつかえて水が欲しくなる。形が大きいとうれしくなるが、味が単純で途中で飽きてしまう心配が…。その点、「メロンパン」は、 「白あん入り」の意外さで、餡の入ったところと表面のしっとり甘いところを交互に食すと、何だかリズミカル 私はすっかり「白あん入りメロンパン」の虜になってしまいました。やっぱ関西人かなぁ。

なお、この二つの商品はコープ神戸(生協)のオリジナル商品です。しゃれたドイツパンなどを焼いてうっている店:「ベーカリー」では、関東でよくみかける「普通のメロンパン」を売っているところが多いようです。 

ちなみに  Wikipedia の「メロンパン」のページには私が目撃・試食した「メロンパン」と同じ写真もアップされています。「サンライズ」との違いも書かれてあり、またメロンパンの変種もあるとか! 歴史もわかり、おもしろいですよ。
 

| | コメント (0)

2008年6月30日 (月)

もうすぐネットが開通します! 7月4日からはMyパソコンで更新しますね☆

今週金曜日、7月4日にネットが開通する予定です。何度か足を運んだ「ネット・カフェ」ですが、大変お世話になりました。昼間の時間、満員御礼のときもあり、その時は仕方なく喫煙ルームでキーをたたきました。でも、比較的居心地がよく、15分100円なので、飲み放題のドリンク とソフトクリームで結構楽しめました。実家のネットが調子悪いときにはまた利用するでしょう。

ラスト・フレンズの放送が終わって、少し放心状態です。これからはまた、「始まりはデートDVから」の続きを書いたり、DVニュースやおすすめDV本の話など、今まで連載していたものを中心に更新したいと思います。

また、関西ならではの話も盛り込みたいと思います。先日、生協(コープ)のスーパーで「サンライズ」と「メロンパン」を発見!  確かに関西の「メロンパン」は白餡入りのラクビーボール型をしていました。証拠写真は後日アップしますのでご期待くださいね

| | コメント (0)

2008年6月 3日 (火)

関西で初体験!インターネット・カフェより更新してまんねん

実家の近くの家電シップでネットの申し込みをしたら「開通に3週間以上かかります」と言われ大ショック 「これじゃラスト・フレンズがおわっちゃうじゃん!せっかく今まで順調に更新できてたのに…」と落胆しながら帰り道をあるいていると、なんとそこにインターネット・カフェなるものが出現! これって「ここでネットにアクセスできるよね!」とまた希望をいだき帰り道を急ぎました。

そうか、この手があったか!と今日はインターネット・カフェ の初体験日になりました。ココログにアクセス もできてここから更新ができ安心です。15分100円で、3時間1000円のお得なプランもあるとか。フリードリンクで壁面にはコミックがずらりとならんでいて、絵本コーナーもあります。もちろん映画の無料配信があり見放題です。結構、静かで清潔そうな館内です。ちょっとひとりの空間を楽しむのによさそう! ちょうど実家と母が入院している病院 の中間地点に当たり、ウォーキング がてら通いまっせぇ

| | コメント (0)

2008年6月 2日 (月)

私事ではありますが…関西に戻ります!

実家の母が倒れ、私が母のそばについてあげることになり、久しぶりに関西に戻ることになりました。あいにく実家はネットを使っていないので、今回新たに開設することになり、ブログの更新が遅れるなどの支障がでる可能性があります。速やかに設定をするよう努力しますが、更新が遅れた場合はごめんなさいね 

関西はエエとこやでぇ! 心太(ところてん)に黒蜜をかけて甘味として楽しめます。私は関東の酢醤油でいただく心太(ところてん)は「酢の物」のおかずみたいでちょっと、いや全然なじめませんでした。それと、かまぼこなのにふわふわしていて変に甘いはんぺんが許せませんでした。一度てんぷらだと思って食べて、その味の複雑さにショックを受け「食わず嫌い」になりました。 関西での面白いところも発信していこうと思います。ほな・さいなら!

| | コメント (0)